半世紀昔。
評価:
価格: ¥ 1,080
ショップ: イーベストCD・DVD館

ものすごーく久しぶりに長い夏休みを過ごしましたが、特に何もしないのに(ほんとは奈良に行く予定だったのに、台風10号め!)時間は無情に過ぎるものですね。

ということで。

録りためておりますの、おほほほ、と言っていた時からすでに4ヶ月経過してしまって、5月の連休では2作しか消化できなかったので、この休みで観たんです、コネリー版の残り。
そいでしみじみ感じたのが
(ここに映ってる景色って、もう50年以上前のものなんだよねぇ)
ということでした。
舞台となる世界各都市は、フィルムの中ではとても美しいけれど、それはもう半世紀は昔のもの。
さて、現在はどうなっているのかなぁ、とおもいを馳せたりしたのですが、その最たるものが日本を舞台にした『007は二度死ぬ』でした。

これね、凄かったんです、いろんな意味で。
昔、テレビのロードショー番組で何度か見たはずなのに細部までは記憶が無くて、今回新鮮な《驚き》がそらもーーうたくさん。
まずは何度も言いますが、映像にある日本の景色は50年以上前のもの、というのがある種のノスタルジーをそそります。
たとえば銀座4丁目交差点も映りますが、そこにはいまはもう無いネオンサインやビルや、都電までもが見えます。または、昔の丸ノ内線の車両、代々木体育館。
それと、まだ舗装されていない道。
ボンドが敵に追われて都内をカーチェイスすると砂埃がたつ! 砂埃ですよ、砂埃! しかもどうやら港区の住宅街で。
タイヤが砂を擦ってたてる「ズザザザザーーーッ」という少年漫画の効果音そのままの音が画面からするのです。グラウンドか、てやつです。
更に、都内の空撮で今のような高層ビル群が見当たらないのもべっくらです。東京の地理が上空から見てわからないのですよ! え、新宿はどこ? 六本木は? 池袋は? 
そんななか、東京タワーが見えるとなぜかホッとたりします。
それに車の交通量の少なさよ!! 50年以上前、まだ都内の道路はすかすかだったのですね。

んで。
脳内BGMが『三丁目の夕日』なのはここまで。
それ以外は《とことん荒唐無稽な日本》の描かれ方へのツッコミに終始できるのも “凄い” 部分です。
そのエピソードはWikipediaの『007は二度死ぬ』の頁が詳しいですが、日本の諜報機関とおぼしき組織の構成員のエリートが《忍者》って! てのがナンバーワンだと、わたしはおもいます。
しかもそ訓練場が姫路城! で、そこでは空手・居合抜き・剣道という武道をはじめ、手裏剣を投げる訓練なんかも行われている設定なので、もう笑うしかない。
加えて、敵のアジトはどこかの休火山の火口内にいつのまにか作られていて、カルデラ湖でカムフラージュされた出入口はどこかのロボットアニメで見たような? なので、さらにおもしろい。
そして特筆すべきは我が国の誇るべき銃規制法をまったく無視して、いたる所で繰り広げられる銃撃戦の数々です。フィクションとはいえ、日本が舞台とおもって観ていると、どうしても(このあと、日本の警察、どうするんだろう?)とか考えちゃったりする部分もあってフクザツなので、ツッコミなしで観るのは至難の業。
公開当時に本作を観た大人たちは、いったいどういう反応をしたのだろう、とおもいますね。

とはいえそういうものも含めて楽しめた作品ではありました。
丹波哲郎は若くてそこそこ二枚目だし、浜美枝さんの可愛らしさと若林映子(あきこ)さんの美しさはブラボーものだし、当時の人気横綱も本人役で出てるし、敵の作戦はぶっとびのSFチックだし、なによりやっぱりショーン・コネリーのボンドがカッコいいのでありました。







こんなタグあったのね。的のど真ん中射てるわ〜〜。







ふと、あの有名な《007のテーマ》のリフをセンセイが弾いたらどんな感じかな? とおもいました。




その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
絹のような。



ちゃんと観に行ってきました。
とはいえ、このときに自白しましたように、わたしは望都先生の作品は『スター・レッド』しか読んでいないので、今回の企画だとわかる部分がほとんどない、状態なのですが。
それでも観たい、とおもったのはやはり前回の時の “圧倒的筆力” を再度この目で確認したい、とおもったからです。

ところがです。
ところが、なんです。

この作品の原画、ものごっ     つ優しかった! のです。

線が。


キャラクターだけでなく、背景、家具調度、衣装に至るまで、そこに描かれている線はすべて、そう絹のように儚げで繊細で優しかった、のです。
カーラ教授が『笑う大天使(ミカエル)』に於いて史緒さんと柚子さんに『ポーの一族』について語らせていて、そこで
「ロマンチシズムの極み」
と評しているのですが、線までもが「ロマンチシズム」に溢れており、もうべっくらこきましたとも。
SF作品との描き分けを「線」の細部にまで徹底しているなんて! と。

先年一条ゆかり先生の原画を観たときにも「線が細くて繊細」とわたしは書きましたが、繊細さの種類が違うんです。
望都先生が「絹」なら一条先生は「ガラス」ですね。つまりちょっと硬質。
その違いは「ロマンチシズム」ではないか、とおもいました。

次にわたしがガツンと衝撃を受けたのが画面の構成力です。
なんですか、あの、映画のシーンを切り取ったような、恐ろしいまでの構図は!
1枚の紙―平面のうえに過去と現在と連想画と自然現象を混在させて時系列を成立させてしまう手法は! 凄すぎでしょ!
もう断言しますけどね、今現在売れっ子の若手少女漫画家にはいませんよ、あんな構図で描ける人は!!(たぶん)

事程左様に、凄い原画展でありました。


あ、そうだ1点だけ。
由来は『ポー』なので当然なのですが、「誰がクックロビンを殺したの」のイラストのところでは、どうしても脳内に『クックロビン音頭』が再生されてしまい、薄く笑ってしまいました。
申し訳ございません。



その他のエンタメ comments(3) trackbacks(0)
アホほど暑いけど!
皆さま、熱中症に気をつけて元気にお過ごしあれ!

しっかし暑いね〜〜〜(暑さに弱いのでたいへんつらい)。
- comments(0) trackbacks(0)
なぜだ?
なぜ? 








なぜここまで話題になるのだろう。
ちょっと戸惑ってしまうほどだわさ。

いや、嬉しいけど。
ALFEE comments(3) trackbacks(0)
アル中たちの夏の乱2019。−45光年遥かなる旅路−

みなさんこんにちは! お元気ですか? 魂、抜けてませんか? 
わたしはなんとか元気です。楽しい夏の乱が終わってしまってちょっとボーとしてるところもあるけど。

ええ、ほんとうに楽しかったのですよ、わたし!
去年も楽しかったんだけど、今年はもっと楽しかったんです。
たぶんライブの構成のメインであるところの『宇宙戦艦』設定―が、たまらなかったんだとおもうのです、SF好きとしては!(別の方向のスイッチがオンになった感じ)

そんなわけで(どないやねん)この夏も例のあれ《必殺・箇条書き》にて総括しますですよ。
慣習に倣って時系列ではありません。わたしの脳内に甦った順番です。
そこんとこだけご容赦ください。
それではスタートっ!


【開演前】

・とんでもなく暑い中で並ばなければなるまい――という覚悟と支度で臨んだ
 グッズ購入の行列でしたが嬉しい誤算。なんと行列はホールのエントランス内。
 直射日光を浴びずにすんで、ほんとうに助かりました、ありがとう事務所!

・加えて発売開始の40分くらい前にはホール内部にも入れてくれたことにも感謝。
 涼しくて喜んだと同時にあまりの広さにべっくらこきました。
ひろーーーーーい。

・ホールエントランスを進んでいた時すれ違った親子連れのおとーちゃま、イベント
 ポスターを見て、おそらくアルフィーって誰? と質問してきた我が子に
 言うに事欠いて
「キラキラのおじいちゃん3人のグループ」
 というざっくりな説明を! 
 我々4人、コントみたいに膝から崩れ落ち、しばらく立ち直れなかった・・・。

・グッズ行列でお話しした大阪から来ていた人
「わたし『FLOWER REVORUTION』やられたら死んじゃう」
 としきりに言っていたけど、初日、生きて帰れたかな?

・メモリアルグッズ引き換え列に並んでいた時、係のお兄ちゃんが館内に流れていた
 おじぃたちの楽曲に合わせて膝でリズム取っていたのをわたしは見逃さなかった。
 君、次は係員じゃなくて観客として来てみないか?

・上空に吊るされた照明か録画機材のための足場に、担当のスタッフがめっちゃ細い
 縄梯子で昇って行くのを 間近に見て内心で「ありがとう!」と拍手しました。

・場内に流れているBGMが往年の名作SF映画のもの。それだけでテンションアップ!
 特に『スター・ウォーズ』はまさに キタ ━━━ (≧∀≦)・∵.━━ !!! となるね!


【開演】

・んでもって登場もまるでSF映画のワンシーン! 
 なにあれ、なにあれ、冷凍睡眠が解除されて起き上がった人たちですか?
 それとも一戦交えて帰艦したブラックタイガー隊の人たちですかッ!! 

・加えて歌うは『ヤマト』! あかーーーん、もうこれ、アカーーーーン!!
 ここでわたしのメーターは振りきれました。

・そして今年も!

 ムービングステージ!

(昨年同様、大きい赤文字にしておきました)
 ステージの前面(まえづら)も側面もちゃんと宇宙戦艦テイスト。
 まるでヤマトの第一艦橋みたい!  たまらん!

・コンサート用の施設じゃないから音はダメだろうなと覚悟していたんだけど意外や
 意外。ぜんぜん気にならなかった。

・むしろセンセイのギターとか、賢様のごにょごにょとか。
 けっこうあったような・・・。

・春の乱で全坂担のみならず他担までもが打ちのめされた『愛を取り戻せ』は夏も
 欠かしませんよね! イントロで坂さんとセンセイがシルエットになるところが
 スゲーかっこよかったっす!!

・『ジェネレーションダイナマイト』で賢様がピック弾きしていたので
 そのピックの行方に注視していたのですが、やはり投げ捨てず、律義に
 マイクスタンドにお戻しに。 くぅうう・・・。

・『CRUSH』のセンセイと坂さんの背中合わせ。
 「いいぞもっとやれ!」
 そう叫びました。
 (これで『GIRL』もやってくれたら最高だったなー)

・新譜から数曲演奏。
 CDで聴いていただけ、の時は『進化論B』がいいなあ、だったのですが。
『Battle starship Neo』をナマで聴いたら。
 聴いたら!!!! 

 最高でした!

 なにこれもう、凄い! 嬉しい!! ワクワクする!!
 《SF好き少女》のココロが蘇ってきゅんきゅんするーーーーッ!!
 て、なってしまった。
 今回、とにかくコレ。『Battle〜』がトップ オブ ツボ!!
 わたしにハマり過ぎ!!!

・なので皆が涙した『Musician-2019』にもずいぶん遅れての反応に
 なってしまった。

・そしてついに実現した《着流しに王将ベースで『さすらい酒』》。
 
・ネタのムード歌謡も必要以上にハモって、オリジナルを軽く超えてしまう人たち。

・でも替え歌でオトすのも忘れない。
 ♪総総になってね わたし祈ってます♪ はセルDVDに収録されるのかしらん。

・にしてもグローブ曲の連発は慌ただしかったわ。

・初日は花火の音に驚かされ、2日めは地震に驚かされた。
 (新幹線で帰る組の皆様、無事にご帰宅できましたか?)

・去年は無事だったのに、今年こけた(穴にはまった)センセイ。
 高い位置だったので、一瞬冷や汗出ましたわ。
 マジ、気をつけてね!!

・やっぱり坂さんは《ファンサの鬼》だとおもいました。

・さあ、あと5年!
 1年1年、1本1本を大事に大事に。
 少しでも長く、一緒に時を過ごせますようにと、願わずにいられない、ラスト。

・いい夏だった。


ムービングステージのレール。



ホテルの部屋からの眺め。








 





続きを読む >>
ALFEE comments(8) trackbacks(0)
ホントにでっかいどー。

なんぼなんでも期間が短すぎない〜〜?
とおもいながら、初日に行ってきましたよ、週明けは『ポーの一族』展行きたいから(こっちも期間短いよ〜〜)。
さすがに混んでましたけど、でもちゃんと全作品を拝めました。


   ↑
というコンセプトなので今回はすべて風景写真です。しかも遠景撮影。
雄大な風景が静かに広がり、北海道のひんやりした空気を感じられる、今までとは違う作風でとても新鮮でした。
何枚かは、この瞬間の風景を切り取るためにどれくらい待ったのかしら、とおもうほど美しいものも。
撮影者・坂崎幸之助、というネームバリューがなくても作品として成立するのでは、とおもえるほど。

ということで我慢できず!
あまりにきれいだから部屋に飾りたくて!

買ってしまったですよ。
2Lサイズですけど。
1.2を争う人気作品ですよ、それくらいきれいな写真です。

あと、今回は作品のタイトルでちょっとクスっとさせられますよ、明日・明後日でなんとかみなさん、観に行ってみてくださいね。





その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
天に還った名馬。

今夜、これ見る。
悲しいぜ。

時事刻々刻々 comments(0) trackbacks(0)
母さん、ボクらのあの大幕。
何処に行ったんでしょうね。


ああ、とうとうはずされてしまった...。
夏イベントまでは難しかったのね。
でも1ヶ月以上も掲げて頂いたのだもの。
改めて感謝申し上げます。
山野楽器様、この度はありがとうございました!



ALFEE comments(0) trackbacks(0)
いや、まぁ・・・
あまり愉快では、ないわな。


続きを読む >>
死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
行かない選択肢はないやろ。

【次回特別展のお知らせ】
次回特別展「マンガで語る古代大和供[っ翹智子『天上の虹』にみる持統天皇誕生の物語」の展覧会情報をHPにアップいたしました!
http://www.manyo.jp/event/detail.html?id=249...

奈良県立万葉文化館さんの投稿 2019年6月2日日曜日


これはもう、行かないと!
そうだ、45周年記念式典の翌日、休みとったから帰り道に寄ろう!

とおもったら、月曜休館! Σ(゚д゚lll)ガーン


よし、わかった!
こうなったら盆休み期間に、夜行バスで行って夜行バスで帰ってくる弾丸ツアーを強行するしかない。
奈良駅からバスで行ける距離にスーパー銭湯あるみたいだから、そこ使えば汗流せるし、着替えられるし。
うむ!
これはもう、行くでしょ、そうでしょ!

その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/313 | >>